金大附属中学受験 合格ラインどれくらい?

金沢大学附属中学受験。

毎年、点数開示されますが、だいたい何点くらいで合格か?

 

例年は、65点前後が合否ラインになります。

68点~70点取れば、まず合格というところです。

年度によっては60点少々で合格ということも。

調査書にもよるのでしょうが、50点台で合格という子も過去いました。

しかし昨年度。

74~75点が合格ラインと、非常にレベルが高かったです。

 

塾でも受けている「学力テスト」

夢盟塾でも8月テストを受けました。

このテストのAタイプならば、300点以上から合格が見えてくるかな?

本音を言えば320点は最低限ほしいところ。

欲を言えば360点を超えていれば、です。

とにかく300点を切ると、厳しいな・・・・・・と思います。

 

さて今年はどうなるか。

去年がこんなにも例年と違ったので、もはや過去のデータが役に立つのかも分かりません。

例年通りに戻るのか。

それとも、昨年度並みにハイレベルな層が受験してくるのか。

はたまた、傾向そのものがひっくり返るくらいに変わるのか!?

私の予想は・・・・・結構変わってくるんじゃないかな~?に一票。

※去年も若干、傾向変わりましたからね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です