金沢大学附属小学校受験の対策

積み木の遊具でお勉強中の年長さん。

形の違う積み木を箱の中に片付ける、という空間把握能力養成の積み木です。

これ、お迎えに来たお母さんにもやってもらいましたが、ムズいんです!!

お母さんは大苦戦。

年長さんも、最初は苦戦していましたが、途中からコツを掴みましたね。

2回、3回、4回、5回と、何度もクリアしていきました。

小さい子たちのほうがコツを掴んだら早いみたいです。

 

金沢大学附属小学校受験の対策のコツ。

実際に指を使ったり、実際に図鑑や実物を見たりすること。

ひらがなは、できれば読めたほうがいい。

でも、足し算とか九九とかは、いらないです。

フラッシュカードで暗記、とかは、あまり金沢大学附属小学校受験に意味がなさそう。

九九などを「詰め込む」のではなく、数字を「実感」することが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です