穏やかな雰囲気で、ノビノビと

ちょっと私のお話を。

実はここ3,4年。

私は教室での自分の「在り方」を変えました。

 

以前、私はある先生に憧れていました。

あんな風になれたなら、と思っていました。

ですから、その先生を真似し、教室で振る舞っていました。

その先生とは・・・名前を明かすと先生にもご迷惑なのかもで内緒で!

でも、とても猛々しくて、とても強い感じの先生です。

時には机を蹴飛ばしたり。

でもその蹴りにも、生徒へのとても熱い愛情を感じるんです。

気合と根性の、間違いなく日本一熱い先生です。

 

すごく憧れて、この先生みたいになりたい!

そういう思い一心で、私も何となく教室で猛々しくなってみたりもしました。

若干オラついたり(笑)。

猛々しく見せるために、その先生みたいに強く見せるために。

でも実際は、私はその先生ほど強くもないし、猛々しくもない。

その先生の表面ばかり真似ていました。

本当は、その猛々しい裏にある、生徒への愛情を見習わないといけないのに、ね。

 

生徒を思う気持ちは負けない!

けれど、私には、別の表現方法が合うのかも?

そんな当たり前のことにやっと気が付いたのが、3,4年前。

やっとかよ、って感じですね(笑)。

 

猛々しくではなく、穏やかに包み込むように。

強く追及するのではなく、優しく褒めて。

これが私らしいかな?

 

そしたら・・・実績も上がり、生徒数も増えた。

泉丘高校の合格者も二桁になり。あ、今年は5人でしたけれどね。

でも代わりに今年は二水高校の合格が13人と二桁になったし。

金沢大学附属高校も、1人オンリーではなく複数の合格者も出続けているし。

金沢大学附属中学受験や複式受験も、実績出始めて・・・。

なんだろうね、私が自然に振る舞った結果、実績も上がり始めたのよ。

 

前述の先生がダメ、とかでは勿論ないですよ!

でも、私には私なりのやり方がある、と。

そのやり方が、穏やかでノビノビと、なのかなって思います。

自分らしくないことを無理すると、よくないのかもですね。

いや、無理したからこそ気付けたのかな???

 

ということで、私はこれからも、穏やかでノビノビと、楽しく勉強しようと伝え続けます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です