苦しんで成績が上がる

楽して成績が上がる。

苦しんで成績が上がる。

どちらがいいだろうか?

 

子どもたちは、絶対に「楽して~」を選ぶでしょうね。

でも、子どもたちの未来を考えると、本当は「苦しんで~」の方がためになると思う。

 

だって、考えてみてほしい。

楽して成果が上がる、という経験を子どものうちにしてしまったら・・・

ろくな子に育たない、と思いませんか?

ちょっと苦労して、そして努力して頑張って、やっと成果が上がる。

こういう子のほうが、苦労とかを理解できる子になると思いませんか?

あと、苦労すればしたほど、成し遂げた時に感じる達成感は大きくなります。

達成感を感じながらステップアップしていく。

こういうことこそ、小中学生の時に経験すべきことではないでしょうか?

 

だから、夢盟塾はプリントをドーン!なのです。

ただ量をさせているわけではありませんよ?

これだけやったら、達成感もひとしおだと思うのですよ。

どうです?やってみて、達成感を味わいませんか?

 

金沢大学附属高校や泉丘高校に進学する子ほど、量への耐性をつけておいてほしいな。

進学したら、量がハンパないもんね・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です