四谷大塚の全国統一テストの問題がクレイジーすぎるfoooooooo!!

ちょっと見にくいかな?

これは小5の算数の問題。

難しすぎる。

ハードボイルドすぎる。

クレイジーすぎる。

しかし、それがいい。

難しく、ハードで、クレイジーな高い壁に挑むことは本来、楽しいこと。

全国統一小学生テストは、このクレイジーさをこれからも貫いてほしい。

そして。

無料だからとうっかり申し込み、こんなにハードとは思わなかった、という人達に激熱の喝を入れてほしい。

これだから、このテストはやめられない。

 

 

最後に。

このテストは、金沢大学附属中学の受験傾向とは全く関係ありません。

が、そういう傾向だとか細かいことを気にせず、難問に挑もうという子が、金沢大学附属中学に合格でき、合格した後も伸びていく。

ですから、このテストは金沢大学附属中学にお子さんが合うかどうかの「リトマス紙」です。

リトマス紙にいい反応が出るといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です