魔法は、ない

成績を上げる魔法。

あればいいですね。

でも残念!ありません。

「その魔法を教えるのが塾の仕事だろう!!」

と言われるかもしれません。

「なんか魔法みたいなことしてるから県内1位出るんだろう!!」

と言われるかもしれません。

 

 

でも、私たち夢盟塾の仕事は、

魔法がないことを生徒に徹底的に理解させる

ことです。

魔法がない、と理解できた生徒から。

コツコツと演習をやり始め、そして点数も伸び始めるのです。

 

 

魔法がある、と思っているうちは、努力をしません。

魔法を使って楽をしようと思っていますから。

だから、もし勉強の魔法があったとしたら?

その魔法を使った人は、きっと怠け者の人生を歩むでしょうね。

なんでも「魔法」に頼る癖が付き、自力で努力できなくなります。

 

 

まぁ、私たちが魔法を使うということであれば。

それは、勉強のメソッドではなく、コツコツする努力を励ます言葉、とかかな。

私も、高畠校の児玉先生も、もりの里校の原谷先生も。

大量のプリントを反復して挫けそうな生徒に、いつも声をかけて励ますよう心がけている。

これが魔法といえば魔法かな?魔法というほどではないと思いますが。

 

 

コツコツ努力。

これに勝るもの無し。

そして、これが勉強を通じて身につけられる、人生で一番役に立つことだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です