小2たちの知育パズルを作った後の笑顔「せんせー、できたー!」

小2の2人が知育パズルで作った「馬」。

そこに、塾にあったミニチュアフィギュアを乗せてみた。

「かわいいーーーーーー!!」

と喜んではくれた。

が、右は確かに可愛いが、左は・・・・・可愛いか???

 

 

小学生の低学年、いや、高学年もやっているね。

知育パズル。

簡単そうで、実は意外と難しいのだ。

上の写真をよく見てほしい。

馬の胴体の部分。

・・・・・なんで宙に浮いているか、どうやって作ったか、分かる??

2×4の8マスのブロックがあれば楽勝です。

が、このシリーズは、最大で3マスのブロックしかありません。

それを組み合わせて作るのですから、難しいのですよ。

 

 

ですから、完成した時に生徒の笑顔は、本当にいい笑顔です。

やったー!できたー!せんせー見て見てーーー!!

という、純粋な嬉しさに満ちた笑顔です。

低学年担当の武村先生や、もちろん私も、その笑顔にほっこりします笑。

 

 

知育パズルは、楽しみながら賢くなることが大切です。

しかし、あまりにも簡単すぎると、それはただの「遊び」になります。

ちょっと難しい、そしてそれを達成すると嬉しい。

それくらいの絶妙な難易度が必要だと思います。

達成感や充実感を感じてこそ、楽しみながら賢くなれるのだと思います。

 

 

今週は低学年の子はもう来ませんが、来週はどんなパズルと「笑顔」を見せてくれるのでしょう。

楽しみです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です