水曜日のB’z「SNOW」「傷心」

めっきり寒くなってきましたね。

11月ももう28日で、気がつけば12月!!

あっという間に冬が来て、年末ですね。

年末もイベントが目白押しですが、さて、今週は「冬に聞きたいB’zの曲」を紹介!

 

 

 

 

と書くとね?

 

 

 

 

絶対に、あの曲を思い浮かべたでしょ?

 

 

 

 

「いつかのメリークリスマス」

 

 

 

 

名曲ですが、やはりここはB’zファン、いやマニアとして、あえて別の曲にします!

へそ曲がり、天の邪鬼なのですよ、私は(^^)

 

 

 

 

冬にオススメのB’z冬のナンバー、それは・・・・・・

ってタイトルにも書いてありますね。

「SNOW」と「傷心」です。

 

 

前半に「SNOW」が入っています。

もし「傷心」だけ見たい方は、3:50あたりからの再生をお勧めします。

でも、私はこのセットで聞いてほしいな。

 

 

この2曲は、ミニアルバム「FriendsⅡ」に収められています。

当時は、ちょっとセクシーなこのジャケットにソワソワしたものです笑。

ちなみに、Ⅱがあるということは、Ⅰもあります。

Ⅰに収められていた曲が、超有名なあの名曲、先述した「いつかのメリークリスマス」です。

 

 

この「FriendsⅡ」でも、「SNOW」と「傷心」が続いて収められています。

歌詞に注目してほしい。

作詞の稲葉さん、心病んでたのかな、と思うほど暗い歌詞です。

パワフルなイメージがあるB’zですが、実は歌詞が繊細なものも多いのです。

静かな冬の日に、稲葉さんの繊細な歌詞を楽しんでほしいです。

 

 

まずは「SNOW」。

雪国で育っている私にとって、雪を題材にした繊細な歌詞は、心に響くのです。

 

 

雪に言葉はない 手紙も届けられない

だれもノックしない すべては息を潜める

君とのことを 思い出す時はいつも

ドアというドアを閉められたよう

「壊してしまいたい」 そんな気持ちになっていた

手放した鳥は 二度とは帰ってこない

踊れ 雪よ やまないで今は

ため息を 優しく吸い込んで

積もれ この世の悲しみを全部

深く 深く埋めてしまえ

(B’z「SNOW」から引用)

 

 

歌詞も暗く、失恋のネガティブな面が全面に出た歌詞。

曲調も静かで、稲葉さんも裏声で静かに歌い上げる。

稲葉さんのシャウトボイスは全くありません。

 

 

この暗い感じから続くのが、「傷心」です。

こちらはパワフルな曲調です。

シャウトもあります、というか全開です。

しかし、歌詞は、やはり暗いのです。

 

 

だれもがまんべんなく幸せにと願い

傷ついても立ち直れる明日を信じてる

近寄らないでおくれ もう痛いのはごめんだ

壊れるようなものに もう手は出さない

せいぜい甘い時を堪能すればいいじゃない みんなみんな

どういう風に愛について 勘違いしてもいい

(中略)

燃え上がるのが怖い 灰になるのが怖い

何も見えない 聞かない 問には答えない

優しくしないで これ以上はどうか お願い

あの日のようにまた 自分が分からなくなるよ

(B’z「傷心」より抜粋)

 

 

こちらも失恋、それも引きずっている感じですね。

稲葉さん、何かつらいことあったの???という感じです。

この2曲ほど暗い歌詞は、B’zの中でなかなかない。

なので、そんな珍しい感じのB’zをぜひ聞いてほしいです。

「水曜日のB’z「SNOW」「傷心」」への2件のフィードバック

  1. 小島先生一週間ぶりです!
    friendsⅡは歌詞が本当に暗いですね
    (((((((・・;)
    アルバムは持っていますが、歌詞を真剣にみたことがなかったので…改めてみると本当に稲葉さん気持ちが落ち込んでいる時に書いたかもしれないって想像してしまいます。
    次はどの曲を紹介してくれるのか…
    来週も楽しみにしてますね~

    1. このアルバムと、この後のソロアルバム「マグマ」も結構暗い感じがします。
      何かあったのかしら・・・?
      Ⅰの方は、失恋から、でも何か良い方向に解消した感じで終わりましたが、Ⅱは・・・
      でもこの暗い感じも私は好きです(^^)
      来週も冬特集・・・・というか今日ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です