軽い、どうでもいい話

昨日、泉丘高校の子と帰り際すこしお話した。

冬休みの赤チャートの課題が大変だね、と。

赤チャートといえば、チャート式という数学の問題集の中でも最高レベルの赤のもの。

受験なら青か黄色のレベルでも大丈夫なのに、泉丘高校は赤のチャートなのです。

本当に大変なので、私はその子に、

 

「赤チャート、がんばってね(^^)」

 

と声をかけ、その子も

 

「はい!!がんばります!!!」

 

と帰っていきました。

 

すると、その会話を聞いていた中1の子が、不思議そうな顔をしていました。

どうしたんだろう?

何か変な会話だったかな?

と思っていたら、中1のその子が質問してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「せんせー、『赤ちゃんと頑張ってね』、ってどういうことですか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です