根拠のない自信

お正月、珍しくテレビを見ていました。

「消えた天才」だったかな?

そんなようなタイトルの番組でした。

 

 

その番組には、元テニス選手の松岡修造さんが。

松岡修造さんといえば、超前向きの熱々の人。

テニスの腕前もすごく、ウィンブルドンで日本人としては60年ぶりくらいのベスト8にもなった人。

そんな松岡さんにも、敵わない!と思った天才がいたそうです。

 

 

しかし、その天才選手。

あのベッカーとも戦い、善戦したほどの天才。

(ベッカーといえば、世界ランク1位にもなったことがある名選手!)

そんな天才が、松岡さんほどの活躍をプロで出来なかった理由とは?

 

 

この天才の方。

高校卒業と同時に、世界でも有名なテニスクラブに入ったそうです。

世界中からテニスの天才が集まるクラブ。

その天才たちを目の当たりにし、こう思ったそうです。

「自分には、無理だ・・・・・」

 

 

一方の松岡さん。

ああいう方なので、常にポジティブ、何があってもポジティブ。

「世界を獲りますんで!!」

みたいなことをいつも言っていたそうです。

そして、ウィンブルドンでベスト8まで登りつめた。

 

 

「無理だ・・・」と思う人は、謙虚で気が優しいのかもしれません。

それ自体は、とてもいいことです。

が、こと勝負事となった場合は。

この、謙虚で気の優しい部分が仇となるのでしょうかね。

 

 

今日も中3は模試ですね。

これから受験直前になってきます。

そういう時こそ、根拠がなくても「自分はできる」「自分は合格する」という思いが大事なのではないかな、と思います。

根拠のない、無責任な自身かもしれませんが、お正月にテレビを見ていてそう思いました。

なので、統一テストの結果や模試の結果を、あまり追求しないでやってくださいね、お父さんお母さん?

 

 

無責任でもいいから、

「できるできる!!」

「大丈夫大丈夫!!」

「合格行けるよー!!」

と言ってあげてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です