予習するときのマインドセット

本部の中2の子たち。

何人かは中3の予習に入っている。

三平方の定理まで行った子もいる。

 

 

これだけ予習を進めていると、必ず起こるのが

「そんなに予習して、忘れませんかねぇ」

という意見。

ま、多分、忘れていると思いますよ。

覚えてて、せいぜい半分くらいなのではないかな、と思います。

 

 

「半分って!半分も忘れてしまって、意味あるんですか?」

あるんですよ。

なぜなら、半分は覚えているからです。

 

 

半分忘れることを恐れて予習をしなかったら、得られる知識はゼロです。

半分忘れることを恐れずに予習したら、半分は知識を得た。

ゼロより、半分得たほうがいいですよね。

半分失うことを恐れた人は、半分すら得られないのです。

 

 

仕事や人生も、そうなのではないかな?

いわゆる成功した人って、その裏では数え切れないほどの失敗をしている。

後先考えず、とにかく行動してみる。

10回やって1回うまく行けばOK!みたいな。

お、ユニクロの柳井さんの本ですね!!

 

 

半分覚えていれば御の字です。

柳井さんのおっしゃるように、10%しか覚えてなくても全然OKですよ。

やれば10%や50%、やらなきゃ0%。

10%分だけでも成長できれば、0%より全然いいです。

そんな気持ちで、予習に取り組んでほしいと思います。

 

 

人間なんて、忘れる生き物、忘れて当たり前。

1回やって半分しか覚えられないなら、もう1回やれば全部マスターできる。

1回やって10%しか覚えられないなら、あと9回やれば全部マスターだ。

何度でも、何が何でも行動する。

予習を通じて、とにかく行動することの大切さを学んでほしいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です