挫折のススメ

子どもに失敗はさせたくない・・・・というのが親心。

でも、適度に失敗の経験をさせたほうが絶対にいいです。

 

失敗を知らないまま大学生くらいに成長してしまうと、どうなるか。

自分の失敗を許せず、失敗した時はヒステリックにキレる。

他人の失敗も認めず、その失敗を罵倒しまくる。

なんかこんな感じになるそうです。

自分の失敗も他人の失敗も、受け入れる心が育ってないのでしょう。

 

失敗すると、とても辛い。

できれば我が子にそんな思いをさせたくない。

親心、ですよね。

でも、よく言うではないですか、傷ついた人ほど強く優しくなる、って。

失敗の辛さを乗り越えたからこそ、強く優しくなれると思います。

 

だから、ビシバシやればいいのです、勉強も部活も何でも。

あ、ビシバシって、体罰ではないですよ!!

 

今、合計点で350点ほどの中学生が、

「目指せ!400点!!・・・・・と思ったけれど、取れなかったら凹むから、375点が目標!」

と言っていたとしましょう。

これではダメなのです。

高い目標を立て、それが達成されなかったら凹んで辛いかもしれません。

でも、それでいいのです。

本気で取り組んだからこそ辛いでしょうが、それゆえ「次こそは!」の思いも強まるでしょう。

 

上位校志望だってそうです。

「金沢大学附属高校とか泉丘高校とか目指して、でも無理だと分かった時、うちの子、傷つくわ・・・・だから〇〇高校を目指しましょう!」

というのも、ダメなのです。

凹むこと、傷つくことを恐れて挑まないのは本当にダメです。

一生懸命勉強しても、金沢大学附属高校とか泉丘高校とか、無理かもしれない。

無理と気づいた時は、深く傷つくでしょう。

でも、そこを乗り越えた時、子どもは強くなります。

そして、同じように傷ついた人の気持ちもわかるので、優しくもなれます。

 

「上を」「本気で」目指した人ほど、その失敗をした時の傷は本当に深いでしょう。

でも、それでいいのですよ。

その挫折から立ち上がり、失敗を乗り越えられるように見守り、サポートするのが、我々周りにいる大人なのではないでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です