徹底した基礎基本を

たとえば今回の金沢市統一テスト。

数学。

単刀直入に書きますね。

簡単でしたね。

最後の表面積の問題に若干手こずるかな、くらいです。

ですから、金沢大学附属高校、泉丘高校、二水高校を狙う子たち。

このレベルなら90点以上は絶対に取らないと。

 

 

しかし一方。

これなら余裕で90点以上取れるだろう、という子たちが全員、90点以上取れてはいない。

実際、塾の子たちでも80点台や70点台、60点台もいる。

この子なら90点以上は間違いないだろう、という学力の子でも、です。

 

 

なぜか。

 

 

その前に。

 

 

NGアクションを書きます。

 

 

点数が取れないのは学力不足のせい。

簡単な問題は解けるはずだから、応用問題を解かさないと。

たくさん応用問題をさせなきゃ。

そして思考力を伸ばさなきゃいけないわ!

 

 

・・・・・以上の行動がNGです。

上にも書きましたが、問題は学力や思考力ではないのです。

思考力も学力も十分な子たちでも、今回は60~90点未満は多いです。

一方で、90点台や満点をとった子たちも多くいます。

この両者の思考力や数学力は、このレベルの問題なら差異はありません。

 

 

鍛えるべきはそこではないのです。

鍛えるべきは、基礎基本の問題を処理する能力です。

 

 

大問1で失点していませんか?

そういうところで失点している子は、思考力ではありません、処理能力が低いのです。

 

 

時間があれば全部解けた、という子もいますよね?

そういう子は、平易な問題を速く解くスピード、つまり処理能力が低くて遅いのです。

 

 

処理能力はどうやれば上がるか。

 

 

基礎基本の反復を徹底することで上がります。

 

 

実力があるのに点数が来ていない子。

塾の先生にもこんな感じで言われた子。

足りないのは思考力ではありません。

処理能力です。

だから、基礎基本の問題を徹底してやりましょう。

 

 

あ、もちろん。

実力の「ない」子も、当たり前ですが基礎基本の反復です。

実力もないのに応用だの思考力だの、無茶すぎますしね。

 

 

今回は中3の統一テストを例にお話を書きました。

が、他の学年の、勉強している割に点数が伸びない子、も同様です。

特に数学・算数においては処理能力が低い傾向が考えられます。

平易な問題を、考えて解くのではなく、反射的に解けるように、までもっていくこと。

5+3 の計算とか、考えて解く子なんて小1以外いないでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です