守破離 「守」を重んじましょう

歌舞伎など日本芸能でも使われる「守破離」という言葉。

 

・守・・・師や流派の教え、型などを忠実に守り、確実に身につける

・破・・・自分に合った型をつくることにより既存の型を破る

・離・・・師や流派から離れて自分なりの独自の表現をする

 

有名な言葉ですからご存知の方も多いかと思います。

武道、茶道、芸能、他にもスポーツにおいてもよく使われる言葉です。

これらの分野において理想的な成長のプロセスと言われています。

 

 

 

しかし、です。

最近って、「破」や「離」を重んじている傾向、ないですか?

「子どもたちを型にはめてはダメ」

「もっと自由に伸び伸びとさせないと」

「個性があっていいじゃない」

みたいな感じで、いきなり「破」を子どもに求める風潮、あると思います。

「守」は、子どもたちの個性を埋没させる、みたいに悪者にされているような・・・・

 

 

違います、「守」こそ一番大事にしないと。

 

 

「守」を大事にして「型」を作る。

「型」が身についているからこそ「型破り」なことができる。

「型」が身についていない人がそれをやると、ただの「型無し(形無し)」です。

 

 

勉強も同じです。

「守」つまり、解法の「型」をしっかり身につけている人とそうでない人。

「守」ができていない人に「破」はできません。

「破」つまり思考力を働かせて独自の解法を導くことです。

それなのに、最初から思考を求め、いきなり「破」をさせようとする。

そんな人、成績は全く伸びませんよ。

徹底した「守」「型」を身につけることでこそ、応用力が付くのです。

 

 

私は「守」つまり勉強の解法の「型」を身につけることに1万時間かけてほしいと思います。

勉強の「守」に1万時間かけれた人は、どこでも合格できますよ。

この話はまた今度ね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です