子どもの勉強は非合理的でいいわよ

円周率って何で3.14なんだろう?

ものの本によると、

「小数部分を表記することで、円周率の無限性を表すため」

とありました。

ほほーぅ、なるほどーーー!!

 

 

ゆとり教育の時代。

円周率は「3」として教えられました。

ま、確かに、3.14なんて計算が面倒なだけですしね。

合理化を図るのなら、絶対に3のほうがいいのです。

ですが、もし円周率を3として指導したら、どうなるか?

もしかすると、子どもたちには円周率の無限性が伝わらないかもしれませんね。

円周率は割り切れる数字で、3である、と勘違いする子も多くなるでしょう。

これじゃあ、面白くありません。

 

 

勉強って、合理化を図ると、つまらなくなる気がします。

 

 

合理化、つまり、必要か不要かを分け、不要を排除すること。

こんな合理化を図れば、真っ先に排除されるのが数学でしょうね笑。

要るか要らないか、損か得か。

そんなこと考えながら子どもたちに勉強してほしくないなー。

そんなこと考えながら生きている子どもも、なんか嫌だな。

 

 

なので、子どもの勉強に合理性を求めてはいけないのですよ!って思うのです。

だから私は、生徒が要領の悪いことをやっていても、見守ろうと思います。

あーだこーだと口出しせず、その要領の悪さを見守ります。

一見無駄に見えることこそが、子どもたちの可能性を、それこそ円周率のように、無限に広げるのではないかしら?

と、無限の可能性とかいうポエマーみたいな言葉を敢えて使い、今日のブログを終了しますね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です