ハングリーな時代

先日、といっても数ヶ月前。

かなりオシャレなフレンチで夜食事をとる機会がありました。

ああ、自分もこういう店で食事ができる身分になったんだなー。

と思う半面、何だか寂しくもなりました。

孤独を感じだ、とも似ているかな?

 

 

 

若い頃はお金がなく、餃子とビールでよく友達と飲んでました。

時々注文する鶏のから揚げがご馳走でした。

実家の近所のラーメン屋でよくやってましたが・・・・まだあの店あるのかな??

独立してからも、1人3,000円もかからない居酒屋でよく飲んでました。

サイコロステーキ、バターコーン、ソーセージ盛り合わせ、軟骨から揚げが定番。

あとはひたすらビール笑。

 

 

高そうなお店を尻目に、

「いつか俺もこんな店に・・・・・!」

とか思ったり。

先輩の塾長先生にそういうお店に連れて行ってもらい、感動したり。

当時は、精神的にも胃袋的にもハングリーでした。

 

 

そして今。

社員やアルバイト講師と、少しオシャレな店に行く一方で。

全国チェーンの居酒屋に行ったり、またはコンビニでお酒と料理を買ってきて飲んだり。

当時のハングリーを思い出すので、そういう飲みの方が私は好きだったりします。

ハングリーを思い出すと、何だかエネルギーが湧いてくるのですよ。

まぁ社員やアルバイト講師たちからすれば、オシャレな高い店に連れて行ってくれー、かもしれませんが笑。

 

 

何はともあれ、ハングリーな時代があってよかったな、と今となっては思うのです。

当時は全然そんなこと思いませんでしたが。

受験も、ハングリーな時代も、直面しているときは辛いもの。

ただ、乗り越えると、いい思い出になり、そして精神的支柱にもなる。

公立高校入試まであと8日、そして国立大学前期入試も今日で終了し後期入試へ。

しんどいと思うのですが、受験生には乗り越えてほしいと思います。

そして、子どもたちに将来、「あの辛い時があったから今の困難もへっちゃらよ!」と思ってもらえるような受験を、私は生徒たちにしてほしいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です