公立高校入試 現在の中2の対策 今年の英数を「簡単」と思えるようになってほしい

今年の石川県公立高校入試。

英数はとても難しく、理社国は標準レベルだったと言われています。

私も、そうだと思います。

英数ともに、平均点は40点台ではなかろうか、と。

 

 

ただ。

言っていることは矛盾しますが、今年の英数は、実はそこまで難しくはないです。

 

 

もうちょっと言い換えます。

 

 

ある一定レベルの学力のある子にとっては、とても簡単だった。

でも、その一定のレベルに達してないと、歯が立たない問題が多かった。

 

 

英語なら。

英検2級~準2級レベルの子にとっては簡単でした。

が、英検3級レベルの子にとったらチンプンカンプンだったと思います。

 

 

数学なら。

高校数学を学んだり、色んな県の入試を解いたりしていた子は、数学的思考の抽象度が高いので簡単に見えたと思います。

が、教科書レベルしか解いてないと思考の抽象度が低く、サッパリだったと思います。

 

 

難易度分析をしている塾の先生も。

高校生を教えることが多い先生にとっては、とても簡単に見えたと思います。

が、小中学生をメインで教えている先生は、中学生目線で分析するので、難しい、と判断したのではと思います。

 

 

と、以上のことから分かること。

 

 

たくさん演習して、色んな問題を解いた子たちにとって、今年の英数は簡単だった。

逆に、石川県の入試傾向に絞って勉強した子にとっては、今年の英数は激ムズだった。

と、ざっくりですがこう言えると思います。

 

※もちろん、ただ量をこなせばよい、ということではありませんよ。数学なら、抽象度を上げる演習を意識的に取り組まないといけませんし、英語なら、高校予習を闇雲にすればよいのではなく、速読と精読を意識して長文読解練習をしないといけません。

 

 

ですから、夢盟塾中学生に今年も推奨したいのは

・過去問は全国制覇

・そのために予習を積極的に

ですね。

泉丘高校・二水高校に合格するには必要かと思います。

今年の夢盟塾受験生たちもこれらを徹底しましたが、更に来年は徹底していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です