手記 泉丘高校理数科合格

いつも素敵なスマイルを見せてくれるこの子。

泉丘高校理数科、合格!

この子にも手記を書いてもらいました。

スマイルに負けないほどの素敵な手記です。

後輩へのアドバイス付。

さすが、後輩思いですね!

 

 

(手記)

僕は、小学六年生の終わり頃に夢盟塾に入塾しました。

当時の僕は勉強があまり好きではありませんでした。

しかし、塾で勉強し今までできなかった問題ができるようになると、次第に勉強が楽しいと思えるようになり、その結果中学のテストでも良い成績を取ることができました。

そして3年生になると、予習を終わらせ、全国の入試問題を解くようになりました。

そのおかげで苦手だった数学の応用問題も少しずつ解けるようになり、5教科でも点数が伸びました。

僕は本番でも焦って凡ミスをしてしまったのですが、それでも合格できたのはあの質の高い、大量の演習のおかげだと確信しています。

そして、大学受験に向けてこれからも勉強していきます。

中1、中2へ
今は定期テストなどで高得点を取ることを目指して毎日最低でも1時間は勉強しましょう。大変かも知れませんが今のがんばりが受験生になったとき大きな支えとなってくれます。さらに、上位校を目指す人は英・数の予習をして、3年の夏から全国の入試問題ができるようにすると良いと思います。がんばってください。

(手記以上)

 

 

この子、夏休み明けの石川県総合模試は、成績落としているんです。

ただ、手記にもある通り、全国の過去問に取り組み始めてから、再び成績は上昇。

第3回以降は偏差値70を割りませんでしたね。

黙々と、でも内側には熱い思いもあり、でもいつもニコニコ。

普段からのそういう姿勢があったからこそ、ずっと偏差値70以上を維持できたのでしょう。

 

 

性格は成績と関係する。

彼を見ていると、そう思います。

なかなかできないですよ、いつもニコニコって。

 

 

合格が決まってからも、毎日、塾に来て高校予習に励んでいます。

赤チャートで予習中!・・・なんだけれど、泉丘高校、今年から赤チャート使わないみたいでいて・・・

でも「赤チャート楽しいです!」と頑張っているので、ま、いっか!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です