思考が浅すぎる

毎週何問か出題している「算数難問」

ま、答えの数値は、当てずっぽうでも当たることが多い。

なので、できた子には、なぜその数値になったのか、理由も聞いている。

 

 

ただ、3分おきに答えを持ってくる子とかいるけれど、そんな子の解答は聞かない。

だって、3分で答えや補助線がコロコロ変わるなんて、おかしいでしょ。

しっかり考えてない証拠ですよ、当てずっぽうで持ってきてる。

 

 

解けた、という名誉が欲しいのかもしれません(解けた子の名前をホワイトボードに書くので)。

が、そんな見栄を張ってはいけない。

見栄って、人の成長に一番不要なものだと思う。

分からないなら「教えてください」「ヒントください」のほうがよほど意欲的に感じる。

とにかく、浅いところでしか考えてないのに解答を持ってくるのは、どうかと思う。

個人の見栄のために難問を出しているわけではないですからね。

 

 

上の問題も、全てに理由があります。

なぜ正方形なのか。

なぜ赤線がその位置なのか。

それらを考えると、出題者の意図が見え、補助線が自ずと決まります。

そういう思考をしてほしいな、と思います。

 

 

こういう思考って、算数だけではなく、国語の読解力などにも大きくつながる。

「なぜ」を論理的に説明できない子は、国語の文章を読んでも「なぜ」を理解できない。

「なぜ」筆者はこう考えるのか。

「なぜ」主人公はこういう行動をとったのか。

国語以外にも、理科社会にも「なぜ」はたくさんあります。

結局、論理的に説明できない子は、算数以外にも悪影響が出ていると思います。

 

 

今のところ、解けたのが3人。

中2女子1人、中1男子1人、小6男子1人。

小6女子で惜しい子がいますが、おそらく解けるでしょう。

いずれも、明確な理由のもと、補助線を引いていました。

 

 

そういう、深い所で算数の思考をして欲しい、と思い、難問出したり四谷大塚YTネットで週テスト開催したりしています。

 

 

・・・・と書いてたら、かなり愚痴っぽくなったので、もうやめよう。

 

 

あ。上の問題の答え。

面積は20です。

答えは簡単な数値ですが、さぁ、どんな補助線を引きますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です