早期英語教育 あまりオススメしない訳

3歳4歳の子に英語を指導する。

ま、2020年の改革において、英語は最重要科目と言われていますよね。

なので、小さい頃から英語を・・・・・となるのでしょう。

が、私は、個人的にあまりオススメしません、早期英語教育。

 

 

だって、そんな小さい頃から英語をやっていたら、受験までモチベーションが保てませんから。

 

 

早期英語教育を全否定するつもりはありません。

小さい頃から耳を慣らせて、複雑な母音を聞き分けられるようになる、ということもあります。

が、小さい頃の英語教育って、結局は「英語の真似事」だと思います。

本当の英語力は付いていない、ということがほとんどでしょう。

「真似事でも、映画のセリフとか歌とか真似することで、スピーキングやリスニングの上達につながるでしょう!」

こういうご意見もあるかと思います。

ただこれは、ある程度の文法および単語の知識(中1~2レベルかな?)がベースにあってこそ。

ベースなき真似は、やはり「英語の真似事」に過ぎません。

 

 

でも、この「英語の真似事」でも、そこそこ喋れてしまう(正しくは、喋れているように見える、です)。

そこで、喋っている本人も、それを見ている大人も、結構満足してしまう。

これが一番まずい。

だって、この時点では受験を乗り切れる英語力が身に付いていないのに、本人と周りの人たちが満足しているから、です。

まだ本物の実力が身に付いていないのに、満足している。

しかも、受験本番までまだまだ時間もある。

満足した人たちが、この長い時間を乗り越えてモチベーションを保てるでしょうか?

私は、そうは思いません。

 

 

小さい頃から英語をやっている。

でも一番苦手な教科は英語、という中学生。

こういう子、結構見てきました。

 

 

なので、もし早期英語教育を望むのであれば。

教室に通ったりテキストで勉強したりとかよりも。

親子でディズニーの映画を英語で見るほうが余程いいと思います。

高校生でクラスで英語一番とった!という子にこのタイプが多いです。

なのでオススメですよ、親子ディズニー映画鑑賞in English。

 

 

あ、なので、夢盟塾で幼児英語教室をやらないのも、以上の理由です。

メリットに比べてデメリットが大きすぎますから。

それよりも、国語をもっと勉強し、理解力や理論力を身に付けてから英語をすればいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です