金沢大学附属中学受験合格判定を全国統一小学生テストですると・・・

先日答案が返却されました「全国統一小学生テスト」

受験された方は、金沢大学附属小学校の生徒さんが多いみたいです。

一方で、金沢大学附属中学受験を希望される方も多く受験しています。

ということで。

テスト結果から合否判定をしてみたいと思います。

ただし。

入試とテストの傾向は全然違いますので、あくまで参考程度で。

(金沢大学附属中学入試は記述が多い一方、全国統一小学生テストはマーク式)

 

 

今回の四谷大塚(テスト主催者)からの発表では・・・・・

金沢大学附属中学受験を希望する子たちの平均偏差値は52.3だったそうです。

例年だと、大体54~55です。

(上記及び下記の偏差値は、4科総合のものです)

 

 

今年の受験生はレベルが低い?

いえいえ、そう考えるの早いです。

小3~6で決勝大会に進出するのは、石川県からは夢盟塾生1名を含め2名のみ。

北陸からも、小6の富山の子を含めて3人。

出身地を見ると、ほぼ首都圏です。

つまり、今年は首都圏税が強いと言えます。

その結果、金沢大学附属中学受験希望者が相対的に低くなってしまった。

ですので、金沢大学附属中学受験を希望する子たちのレベルが下がった、というわけではないと思います。

 

 

さて、以下に書くのは、夢盟塾的に判定基準としているものです。

四谷大塚本部の発表ではありません。

毎年の受験結果から出している、大体の判定基準です。

また、前述の通り、テストの傾向が全く違いますので、あくまでも参考程度に、です。

でも、何もないよりもいいかな、と思い、書きますね。

 

 

ボーダー: 偏差値55

合格率50%: 偏差値57.5

合格率60%: 偏差値60

合格率70%: 偏差値62.5

合格率80%: 偏差値65

 

 

一応根拠はあります。

夢盟塾生で、偏差値65.1の子が県内9位でした。

つまり。

偏差値65以上であれば県内順位一桁なので、まぁ8割方いけるのでは、と。

また、夢盟塾生で偏差値60.4の子が県内17位。

つまり。

偏差値60以上であれば県内20位以内なので、50%よりかは合格率は高いだろう、と。

9位、17位の子の上に金沢大学附属小学校の子がゼロだとして、全員が金沢大学附属中学受験希望者だとしても、上記の県内順位が予想できます。

まぁ、県内1位が金沢大学附属小学校の夢盟塾生なので、少なくとも受験組内での順位は1つ上がります。

 

 

加えて、偏差値54.9の子が県内49位。

金沢大学附属中学受験合格者は、例年約50名。

と考えますと、受験においてこのあたりがボーダーになるかな、と思います。

 

 

ということで。

4科目総合だけでなく、各科目でも偏差値比較してみてください。

算数は金沢大学附属中学合格80%レベルだけれど、国語はボーダーね、とか。

国語は60%、算数は50%、とか。

2教科だと70%なのに理社入れて4教科になるとボーダーギリギリ、とか。

少しでも参考になれば、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です