上を志す心

小中高生のやっている勉強なんて、将来何の役にも立ちません。

でもですね。

上を目指す、もっといい点数を取りたい、って心だったり根性だったり。

こういうのは将来の役に立ちます。

 

 

無理、こんなの出来ない、難しい。

そうやって勉強から逃げている子は、一生逃げる人生を送る。

そんな上位校なんて狙えない、不可能。

そうやって上を目指すことから逃げている子は、一生挑戦のない人生を送る。

それでいいのか?って私は思う。

逃げてばかりで、挑戦しないで、ただ平々凡々と人生を送る。

トラブルは少なめの方がいいけれど、人生どこかで勝負しないといけない場面は必ずやってくる。

そんな場面ですら、逃げたり挑戦しなかったりするなんて、私は嫌です。

 

 

泉丘高校に合格する!!

金沢大学附属を狙う!!

テストで満点を取る!!

県内1位を取る!!

全国1位を取る!!

いいじゃない、目標は大言壮語で。

そこに向かって突き進むことが大切なのですよ!!

 

 

目標が達成できなかったら意味がない、って?

意味はある。

その目標に向かって突き進んできた過程で、必ず成長している。

その成長が、次の挑戦に向かう勇気をくれる。

目標が達成できなかったら周りに笑われる、って?

笑わせておけ。

そんな奴らは友達でも大切な人でもないから、こちらから絶縁よ。

人の目標や夢を笑うなんて、最低だ。

 

 

知識という点で言えば、勉強で得た知識は何の役にも立ちません。

でも、勉強で得た心や魂や根性なんかは将来、大きく役立ちます。

だから、やろう、勉強、必死に、歯を食いしばって。

そんな子どもたちを応援したい。

ですから、夢盟塾は言い続けます、「泉丘合格!」「二水合格!」「金沢大学附属合格!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です