石川県総合模試の復習を

完全に頭から抜けていました。

日曜日の、石川県総合模試(北國新聞社主催)。

頭の中からスコーンと抜けておりました。

あ、写真はスナック菓子のスコーンです。

おいしいですよね、じゃがりこの次に好きです。

 

 

それはさておき。

 

 

ちゃんと復習していますか?

見直しとかしましたか?

総合模試の問題、結構な確率で、類題が入試に出ますよ?

何年か前、ある科目の大問1つ分、まるまる同じだった年もあるんですよ?

何でそんな事が起きたのかは謎ですが・・・・・

 

 

泉丘高校、二水高校、そして金沢大学附属高校。

これらの高校に合格する子としない子の差は、模試の扱いにあると思います。

合格する子は模試を丁寧に復習する。

合格しない子の多くは、結構雑に扱い復習を疎かにする。

もちろん、復習しなくても合格する「天才型」は別ですよ?

でも、自分が「普通だ」「凡才だ」と思うのであれば、復習は合格に不可欠です。

 

 

毎年、模試後にいつも書いている気がする。

復習、ちゃんとしましょう。

「自分は天才だ」と思っているのであれば、必要ありません。

が、「そんなことない」「でも合格したい」と思うのなら、しましょう。

今週1週間かけてもいいですから、きっちりやりましょう。

 

 

来週届く結果について。

結論から書きますと、結果なんて、今はどうでもいいです。

7月にいい結果を手にし、調子に乗ってもらうほうが困ります。

むしろ、現実を突きつけられ、焦るほど悪い結果を取ってきたほうが有り難い。

そういう子のほうが、夏休み、頑張りますし。

だから、親御さん、悪くても叱っちゃダメですよ?

結果を叱っても、子どもは焚き付けられません。

悪い結果を正面から見て、部屋で1人その現実に直面し、1人で深く思い悩む。

そういう時間を子どもに与えないと、子どもは本当の意味で動きません。

部屋に閉じこもって1人で泣いている子どもを、温かく見守ってあげてほしいと思います。

 

 

結果は、第1~5回は、どんなに悪くてもいいです。

それまでにキッチリと復習していたら、第6回の頃には結果が出てきます。

ただし、何度も何度も書きます。

結果に目をつぶれるのは、キッチリ復習している前提があってこそです。

結果も悪い、復習もしてない、では、何も起こりませんよ。

 

 

感想を聞いていると、英語と数学が難しかったのかな?

ただ、私の個人的な感想は、

「これを難しいと感じるとは、受験生としてはまだまだだな」

かな?特に数学は簡単だな、と正直思いました。

ま、それもこれも、これから鍛えていけばいいと思うので、夏休み、頑張っていきましょう!!

 

 

あ。

今週は、「夢盟塾的模試復習」を行っています。

各教室長から指導を受けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です