9/6 泉丘や金沢大学附属を目指す中3は・・・

昨日書いた、石川県総合模試の100位以内に入った子たちの勉強法。

の前に、100位以内はすごいことなのか?を検証。

100位前後で偏差値は67ほど。

偏差値67・・・泉丘高校普通科と金沢大学附属高校の合格率が約80%。

160位前後で偏差値は66ほど。

偏差値66・・・泉丘高校(普通科)と金沢大学附属高校の合格率が約75%。

なので、200位以内でしたら、泉丘高校普通科と金沢大学附属高校への合格率は70%以上くらいでしょうか。

 

 

ちなみに。

模試の示す「合格率80%」は、めちゃくちゃ高いです。

「合格率80%」を示しておきながら、もし不合格になったら・・・・・

それでは模試の信頼がガタ落ちになります。

なので、石川県総合模試のように信頼できる模試は、簡単に「合格率80%」を出しません。

事実、過去の夢盟塾生も、合格率50%以下でも結構多く合格しています。

だから、100位以内、200位以内は「誇れる結果」だと思います。

あ、しかしくれぐれも調子に乗って油断しないように!

 

 

さて。

勉強法ですね。

 

 

夏休みは、英語数学の予習をしていました。

100位以内に入っている子たちは全員、中3英数予習を終えています。

一部、理社の予習を終えそうな子たちもいます。

予習をし、全国の入試問題過去問に取り組んでいました。

中には夏休み中に(数学だけですが)昨年度の過去問を47都道府県終えた子も。

 

 

つまりはですね。

予習をして、全国の入試の過去問をして。

もちろん復習もして。

ということを、100位以内の子たちはしています。

 

 

ということで。

これは「リビングかなざわ」の6月号のどれかにも書いたかな?

泉丘高校や金沢大学附属高校に合格したい人。

そういう人は、予習をしていきましょう。

え?習ってないとできない?

そういう人は、泉丘高校や金沢大学附属高校に合いませんので、志望校を変えたほうがいいですよ(^^)

塾で予習もいいですし、塾に通っていなくても教科書でやればOK。

さ、今週末は、レッツ予習!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です