9/12 星稜中学の説明会に


星稜中学の説明会に来ています。

2019年入学、つまり今年中学1年生の子たちから3クラスになりました。

受験者数も年々増えてきていますからね。

78名、96名、118名、そして2019年は134名

このうち、合格者は95名、倍率1.41倍

人気上昇に伴い、来年からは定員が80名から108名に変更

定員が増えて合格しやすくなる?みたいなイメージかもですが、それ以上の人気の上昇も予想され、倍率は1.4倍前後になる、と思います。

 

 

入試は、算国理社の4科試験グループ面接

4科試験は、算数100点、国語100点、理科50点、社会50点の300点満点

2019年入試の平均点は

算数 48.5点

国語 53.5点

理科 28.9点

社会 24.9点

合計 155.4点

合格者最低点 146点。

だいたい半分ほどの得点で合格ですね。

 

 

星稜中学の一番の魅力は、保護者の方のアンケートによると、

先取り学習

だそうです。写真も、先取り学習の説明をパシャリ。

中2から中3初期にかけて中学学習を終え、中3から高2で高校学習を終え、高3の1年間は大学入試演習になるとのこと。

大学入試も2020年から変わりますので、この先取り学習、嬉しいですね。

 

 

ということで、石川県の中学受験、金沢大学附属中学に次ぐ人気の錦丘中学に並びつつあると私は感じています、星稜中学。

毎年書いていますが、大注目です。

私立学校が主役になる時代、やっと石川県にも到来しつつあるか!?

期待しています、星稜中学、そして濱野先生

 

 

星稜中学の説明会に併せて行われた、星稜高校の説明会。

奨学金が少し変わりましたが、また個別に塾で説明していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です