野田中学から泉丘高校・二水高校・金沢大学附属高校に合格するには

「450点超えて、やっと泉丘高校Bランクだぞ!」

と担任の先生に言われている野田中学3年生の実力テスト。

てか450点超えている子、3人しかいませんが・・・

毎年、泉丘高校に30名ほど送り込んでいる野田中学ですから、ちょっと厳し目判定?

いえ、生徒に発破をかける先生の親心ですよね(^^)

 

 

では、分析しますね。

 

 

平均点は238点だったので、かなり高い難易度でしたね。

人数のボリュームゾーンも、3箇所に分かれています。

125~150~175点のゾーン。

225~250点のゾーン。

そして、350~375点のゾーン。

このゾーンまで、つまり350点以上の人が約43人います。

ちなみに、375点以上の人は約24名。

つまり、泉丘高校合格ラインでもある「30位以内」は、350~375点のゾーンにあります。

これを踏まえると・・・・・

泉丘高校
合格80%:390点 合格60%:365点 合格40%:350点

二水高校
合格80%:365点 合格60%:325点 合格40%:300点

金沢大学附属高校
過去に野田中学内で10番台(つまり20番以内)で合格した子も多いので、380点以上で合格の可能性もあり。できれば10番以内つまり400点以上を(400点以上が11人いる)。

 

 

あくまでも目安であり、私個人の意見です。

かつ、まだまだ9月なので、この時点の判定なんて当てになりません。

本当、参考までに、ということでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です