第3回総合模試から見る、金沢大学附属高校・泉丘高校・二水高校合格について①

なんかメールでリクエストが来た・・・・・

石川県総合模試の結果を分析してほしい、とのこと。

うーん、私より模試については分析に長けた方がいらっしゃるのですが・・・・

各学校の実力テストの分析をしていた流れで、でしょうかね。

附属高校や泉丘高校、二水高校のことくらいしか分からないですが、いいですか?

私なりに分析させていただきますね。

 

 

模試全般について

平均点が231.5点の激ムズ模試でしたね。

400点以上が22人、371点で県内100位以内に入れます。

371点で97位、370点で102位、でこのあたりで偏差値68.0ほど。

泉丘高校普通科で合格圏が出るあたりですね。

あ、合格圏というのは、「このまま頑張ればまず大丈夫」ということであり、「合格圏に入ってないと合格は無理ですよ」ということではありません。

附属高校の定員120人 + 泉丘高校の定員400人 を÷2 した260人。

そこから少なく見積もり、250位以内、今回なら大体345点ほど偏差値も65前後

このあたりが、今までのデータを鑑みて、私的に、泉丘・二水への合格安定圏です。

附属は、内部進学については内部生次第なので、県内順位ではちょっと分かりかねます。

 

 

金沢大学附属高校について

今回は、例の「金沢大学附属中学生専門塾」の生徒たちも多く受験したそうです。

その塾さんの多くは、金沢大学附属高校を志望しておりますので、かなり正確なデータが出たのでは、と思います。

附属高校第一志望者(53人)の平均点が335.1点

英語75.5、数学58.5、国語63.3、理科67.9、社会69.9

英語の平均点の高さは際立ち、県内トップ。

英語が得意だと有利になる金沢大学附属高校ですから、その傾向が出ています。

第一志望者の最高得点は424点、県内3位ですね。

附属高校は「内部進学」という、学力とは別のことも進学に影響を及ぼすので難しいのですが、附属高校に「合格し得る学力」を有しているかどうかで判定します。

合格80%:375点以上 合格60%:350点以上 合格40%:320点以上

今回の附属高校第一志望者は、前述の専門塾いわゆる「ガチ志望」が多いので、上記の確率はもう少し上がるかもしれません。

 

 

泉丘高校について

泉丘高校を第一志望にしていた生徒の平均点が331.4点。

英語72.7点、数学58.6点、国語62.4点、理科70.3点、社会67.9点。

となっていますが、理数科と普通科が分けられていません。

それぞれ書きますね。

泉丘高校普通科を第一志望にした子たち(356人)の平均点は326.9点

英語71.8点、数学57.5点、国語61.5点、理科69.0点、社会67.0点

最高点は442点

泉丘高校理数科を第一志望にした子たち(41人)の平均点は370.0点

英語80.3点、数学68.3点、国語68.2点、理科79.8点、社会73.2点

最高点は418点(夢盟塾生です(^^))。

理数科、凄まじいですね。

泉丘高校の倍率を1.2倍と仮定すると、今回の第一志望の396人は、受験生の82.5%。

つまり、模試の判定はかなり信頼できるデータということになります。

普通科は、320点台、330点台、340点台が最多です。

このあたりの点数があると一先ず安心ですが、油断は禁物、ですね。

普通科 合格80%:370点以上 合格60%:345点以上 合格40%:315点

理数科は、390点台が約4分の1の9人。

あとは360点台までが全部4人ずつで、350点台が5人。

ここの350~390点から抜け出せれば、合格率80%は見えてくるでしょう。

理数科 合格80%:395点以上 合格60%:375点以上 合格40%:355点以上

 

 

二水高校、すみません、時間なくなったので明日続き書きます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です