個別指導塾の「良い塾」の特徴

ま、私なりの意見ですがね。

個別指導や個別演習指導の「良い塾」の特徴。

それはですね。

その塾の授業風景を見ていると眠くなる。

これだと思います。

 

 

延々と生徒たちが問題を解く。

延々と先生たちが生徒からの質問に答える。

時々、生徒たちが集中しすぎて、先生のやることが無くなり、先生が寝そうになる笑。

これが、私の思う「良い個別指導の塾」だと思います。

 

 

先生が寝そうになるなんて、ダメな塾じゃないか!!

と言われそうですけれどね。

でも、それだけ生徒たちが集中しているという証拠です。

生徒たちが集中すると、先生は本当にやることが無くなります。

そして、先生は眠くなり、その授業風景を見ている人も眠くなる。

 

 

生徒を注意するために、先生の怒号が響く教室とか、ダメ塾だと思う。

生徒のやる気も低そうですよね。

先生が目を血走らせて監督とかも、同様にダメだと思う。

先生がピリピリしなくても生徒が集中している、という環境が、一番いいと思う。

自発的なやる気を促してくれる塾って、最高ではありませんか?

 

 

恐怖で教室を支配しなくてもいい。

塾は生徒のやる気を促してくれる。

その結果、生徒たちが集中してシーンとした教室になる。

個別指導塾の最高形態だと思うのですが、どう思いますか?

と、他塾の受業映像を私も先日見て、思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です