大学入試英語の変更で、慌てる人と慌てない人

2020年の大学入試改革。

英語の民間テスト導入の延期が先日決まったのはご存知ですよね。

この延期により、安堵する人もいる一方。

対策をしてきた人々は慌てふためいています。

現場はまさに「大混乱」ですね。

 

 

対策が無駄になった、と嘆いている人。

対策していなかったから逆にホッとした人。

でも次はどんな対策をすればいいのかと路頭に迷う人。

 

 

民間のテスト導入は、今回は延期になりました。

しかしこれは遅かれ早かれ導入され、大学受験改革は必ず実行されます。

ここ5年以内には必ず実行されるでしょう。

つまり、この5年は「混乱しっぱなし」ということになります。

もちろん、実行された後も混乱は続くことでしょう。

ですから、ここ10年はこの混乱が続くのは間違いありません。

現在小2以上の子たちは、大学受験で混乱することは確実です。

 

 

せっかく対策したのに無駄になることも出てくるでしょう。

結局何を対策していいのか分からず、無策で本番に挑む人も出てくるでしょう。

 

 

しかし一方で、成績上位者の反応はどうでしょう?

 

 

おそらく、今回の延期にも、それほど慌てていないと思います。

そもそも2020年の大学入試改革自体にすら慌てていなかったと思います。

おそらく・・・・・

 

 

制度がどう変わっても、勉強の本質は変わらないから関係ない

 

 

くらいに思っているのではないでしょうか。

マークシートだろうが記述だろうが関係ない、問われたら答えますよ。

民間でもセンターでも共通一次でも、目の前にテストが出されたら解答しますよ。

近所で受けられるテストを自分のスコアとして提出しますよ。

これくらい思っているのでは?

 

 

今回の延期で、制度の是非を問われている感じがしますが、本来は、

制度がどうなろうとも揺るがない、盤石な「学びの姿勢」を子どもたちに身に付けさせるべき

なのではないかな、と思います。

厳しすぎますかね?高望みしすぎですかね?

でもですね、今後10年ほどは絶対に混乱していますよ、教育現場。

そんな中で受験を戦っていかなければいけないのです、高校生たちは。

ならば・・・・・その中で戦っていけるよう、子どもたちに「強さ」を身に付けさせることが、子どもの前に立つ大人たちの役目なのではないでしょうかね?と私は思うのです。

夢盟塾も、子どもの前に立つ大人として、そういう強さを身に付けてもらえるような場所でありたいと願い、また精進していきます。。

 

 

 

 

※おまけ

そもそも、TOEICが外れてGTECが民間のテストで残っている時点で、延期はなんとなく予感がしました。

GTEC、良いテストですが、このテストでは海外の大学にいけません。

国内でのみ通用するテスト(今のところ)です。

大学受験は、時代は今や、いや、もうとっくに、グローバル化していますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です