想像以上に進んでいる二極化

紫錦台中学の1年生のグラフを見ました。

あ、期末テストの成績表のグラフです。

びっくりです。

ひどい形をしています。

真ん中がなく、両サイドに分かれた、長方形のような形でした。

 

 

額中学の中3実力テストのグラフも見ました。

こりゃまたひどい。

完全に2つに分かれていました。

合計点だけでなく、英数理社の4教科で、国語が若干大丈夫?

英語は3つに分かれていましたね。

 

 

この他、いろいろな資料を元に考えました。

私の結論。

二極化が凄まじく進んでいます。

 

 

やらねば、という子は、ちゃんとやり始めている。

気付いていない子は、まったく行動をとっていない。

真ん中の山の頂点が崩れ、上位と下位が分厚くなって長方形または鬼の角の形に。

極秘資料から、金沢市の中3も、分布は長方形、気付いた子と気付いていない子が受験生ですら分かれている、という現状です。

 

 

転換期ですね。

今のお父さんお母さんが子どもの頃に味わったことのない波が、来ます。

人口も減り始めますので、日本社会の転換期、でもあります。

ですから、お父さんお母さんが常識と思っていることも、10年後は常識ではなくなります。

中流階級の世帯が、まぁまぁの生活ができた、という時代も終わるでしょう。

 

 

以前からも感じておりましたが、今回グラフを見て、はっきりと感じました。

私も危機感をもって生徒と接さねば・・・。

この危機を生徒に伝え、共にこの波を乗り越えなければ、と思います。

※最後に、余談ですが、だからこそ国会の話し合いは、桜を見る会ではなく教育に時間を割いてほしいです。英語の共通テストの変更もあったばかりなのに、なんで桜の会の話ばかりなのよ!と今の野党には憤りと呆れしか覚えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です