冬期講習前体験生とのトーク

冬期講習前。

何人か、いや何十人か、の新規の子が体験授業に来ています。

名前が混乱するのは毎年のことですが・・・・・

一文字だけ違う、というのがキツイです。

みう

みゆ

みあ

みお

そして、それぞれの名前に複数人いたりするんですよね。

小学生のみゆちゃんと中有学生のみゆちゃん。

小4のみあちゃんと小6のみあちゃん。

みたいな感じです。

オッサンの脳は大混乱です。

 

 

スポーツやってる男の子が来ると、大抵そのスポーツの話になります。

バスケやってる子なら、八村塁ですね。

「昨日とか、空中でシュート動作を変化させてシュートしてたよねー!」

「アリウープ、ほんとカッコよかったよな!!」

野球やってる子なら、プレミア12の話とか。

「世界一を決めたのは、あの山田哲人のホームランだったよね!」

「稲葉監督の采配は、正直ヒヤヒヤしたよ(笑)」

このスポーツのお話、お父さんはついてこれていると思いますが・・・・・・

お母さんは ( ゚д゚)ポカーン かもしれませんね、この辺でやめておきます。

 

 

塾という、おそらく子どもたちにとっては「怖い空間」。

体験で初めて教室に行き、奥から40半ばのおじさん(私)が出てきたら・・・・・

普通、それだけで小学生の、特に女の子は「怖い」と思うと思うのです。

中学生男子でも「怖い」と思うかもしれませんね。

なので、できるだけトークします、どうでもいい話を。

最近話題の漫画「鬼滅の刃」もトークできますよー。

明後日公開の映画「STAR WARS」でも絡めます。

最近流行りのスマホゲーム「ドラクエウォーク」ももちろん対応。

韓国系のバンド?「BLACK PINK」も、知らなかったけれど女子生徒に教えてもらったので、多分いけます。

「みんなリサが可愛いと言うけれど、私はジス推しかな?」みたいな。

最近はB’z好き女子中学生も増えてきた(3人笑)ので、もちろんB’zトークも。

 

 

安心して勉強してもらうためにも、トークでリラックスしてもらえたら、と思います。

トークばかりにならないよう、気をつけなければ・・・・ですが。

家帰って、お子さんが、

「あそこの塾の塾長、要らん話ばっかりしよったわ」

と感想言ってましたら、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です