金沢大学附属中学 合格手記 2020年度 保護者の方②

金沢大学附属中学に合格した子のお母さんから手記いただきました。

あと、親子写真もいただきました!

仲良しの母娘です。

写真からも伝わりますよね(^^)

 

 

小島先生

体験手記を書かせていただくことになり、夢盟塾での4年間を思い返しました。「挑戦」と「感謝」の2つの言葉が浮かびました。

娘が笑顔で金沢大学附属中学校受験に挑戦できたのは、多くの支えがあったからと、感謝の気持ちでいっぱいです。小島先生、夢盟塾の先生方、ご指導ありがとうございました。

娘は4年間で何度も壁に当たり、涙することも多々ありました。しかし必ず乗り越えることができました。それは、互いに励まし合い困難を乗り越え高め合える夢盟塾の友がたくさんいたからです。素敵な友との出逢いに感謝しております。ありがとうございました。

小島先生の指導法は娘だけでなく私自身も学ぶことがたくさんありました。先生は時々難問を出されます。難問を考えるだけで1日が終わったり、「まだ解けんから延長お願いします」と娘から連絡が入ることもありました。結果解けずに帰ってくることもよくあるのですが、難問を通じて忍耐力、考える力、チャレンジ精神が養われたと思います。大量演習もその1つだと思います。子供自身がチャレンジし、クリアーしていくことで達成感や自信を得ることができると私も学ばせていただきました。

手記で書くことではないのかもしれませんが、受験日、門のところで娘を送り出しました。娘は振り返ることもなく真っすぐ前を見て歩む姿に成長を感じることができました。私も子供の持つ力を信じ見守る力を養っていかなければと思いました。

これからも頑張って努力していくと思います。ご指導の程、宜しくお願いします。

 

 

手記を読み、そうか、もう4年もたつのですね、と驚きました。

先日のお父さんの手記でもそうですが、時がたつのが早いです。

来た頃は小さかった子が、今では背伸びしたら私の身長より大きい・・・・

最初の頃は泣き虫っ子でしたが、今では強くなりました。

背だけでなく、心も、大きくそして強くなったと思います。

仲良しのお母さんに支えられたところも大きいです。

これからも、仲良しの2人で頑張っていってほしいな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です