2020年 第2回金沢市統一テスト 市内平均点

2020年 第2回金沢市統一テスト

金沢市の平均点が発表されましたので、書きますね。

 

 

総合:262点(前回266点)

国語:51点(前回46点)

社会:51点(前回55点)

数学:51点(前回58点)

理科:54点(前回51点)

英語:56点(前回56点)

 

 

前回よりも微減ですね、平均点。

難易度も上がったと感じましたので、当然ですね。

 

 

泉丘高校
ボーダー:382点
合格65%:402点
合格80%:422点

二水高校
ボーダー:352点
合格65%:372点
合格80%:392点
(ちょっと修正)

桜丘高校(追加)
ボーダー:337点
合格65%:357点
合格80%:377点

錦丘高校(追加)
ボーダー:302点
合格65%:322点
合格80%:342点

 

 

くらいを思っていればいいかな、と思います。

あ、私は合格率80%以上は出しませんので。

100%とか口が裂けても言えません!

(追記:桜丘は倍率が高いので、二水と遜色なくなる可能性も。錦丘は、その分ちょっと下がるのではと予想。)

 

 

※金沢大学附属中学から附属高校への内部進学に関しては、附属中学のグラフを見て、改めて分析します。

 

 

また改めて精査しますね。

「2020年 第2回金沢市統一テスト 市内平均点」への3件のフィードバック

  1. 早い情報ありがとうございます!
    桜以下もぜひお願いします!!

    あと、、、この時点でボーダーに自分の点数が10点ほど届いてない場合、先生でしたら挑戦させますか?一つ下げることをすすめられますか?

    統一は二回とも350点台。冬休みも長時間勉強してましたが、一伸びがとても難しく感じてます。
    二水目指してます。

    1. 角さん、コメントありがとうございます!
      二水のボーダー、少し下げました。
      最近の受験における傾向を考え、修正しました。

      これは私の意見ではありますが・・・
      今年は二水と桜丘、そんなに差が生まれないと思います。
      なので、二水から下げて安全圏を、と考えて桜丘にすると、かなり大変かもしれません。
      安全策を考えるのであれば、錦丘まで下げるのが確実かと思います。
      そこまで安全策を考えたくない、というのであれば、二水にgoかな、と。

  2. お返事ありがとうございます!!

    なるほど、今年は桜に落としたからといって安心はできないのですね!!
    貴重な情報ありがとうございます!!
    学校ではなかなかそこまで細かくみてくれないので本当に助かります。

    錦は、、、なので、やはり二水を目指してみます。
    実は統一二回目は修正後のボーダーの点数、ぴったりの352点でした。笑
    ボーダーの点数で喜んでる場合じゃないのですが、、
    お恥ずかしながら、少し先が見えたようで本人は喜んでいました。笑
    俄然やる気がでたそうです。笑
    お忙しい中、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です