中学受験クラスについて

金沢大学附属中学などを主に目指すクラス

中学受験クラス

今までは、目指す人もそうでない人も、境目がぼんやりした

ミックスクラス

でした。ですから今年からの新しいクラス、という訳でもありません。

ただ、目指さない人にとっては負担が大きい部分もありました。

やらない(できない)テキストが何冊かあったり・・・。

なので、来年度からは明確に分けましょう、ということです。

 

 

今日は、このクラスの教材費、テスト費の案内を書きます。

※このブログの金額は、すべて税抜き表示になっています。

 

 

月会費
・4・5・6年生
1,000円/月

テスト費用
・4・5・6年生
月例テスト 4,000円/1回
・6年生
合不合判定テスト 4,800円/1回
※テストは大体1ヶ月に1回です

予習ナビ視聴料(夢盟塾割引)
・4年生上
40,000円→32,000円/半年
・5年生上
45,000円→36,000円/半年
・6年生上
50,000円→40,000円/半年

教材費(四谷大塚予習シリーズパック)
・4年生上
16,900円
・5年生上
16,600円
・6年生上
16,600円

 

 

月謝に関しても書きますね。

 

 

月謝は、本当は中学受験クラスは別額にしようと思っていました。

が、通常クラスの月謝と同じとします。即ち、

・週3以上
25,000円+プリント費2,000円

・週3未満
20,000円+プリント費2,000円

ただし、基本的に中学受験クラスは「週3以上のみ」と原則します。

原則、というのは、受験クラスは市外や県外からの受講者も多く、週3が難しい方もいらっしゃるからです。

市内の比較的近い場所(車で片道20分以内位?)の方は週3でお願いします。

 

 

このクラスで取り扱う問題は、金沢大学附属中学の入試以上のレベルです。

「そんなの必要ないんじゃないの??」と言われてもおかしくないレベル。

そんなのを小学生にさせる意味は?

意味は2つあります。

1つは「挑戦する心の育成」もう1つは「変わる大学受験を見据えて」です。

 

 

挑戦する心の育成については、以前にも書きました。

難しいからと言って、諦めていたのではダメであろう、と。

難しいけれど、苦しいけれど、そこにあえて足を踏み入れる。

困難に挑む心を、このクラスで育んでほしいと思います。

 

 

もう1つの、大学受験を見据えて、についてです。

2020年の大学受験改革は、記述問題への移行は2022年にまで延期になりましたね。

もしかしたら共通テストというもの自体がなくなるかもしれません。

ですが、たとえ2次試験のみになったとしても、記述問題は増えてくるでしょう。

それも、知識を発表する形式ではなく、得た知識を使って思考し、それを発表する形式。

つまりですね。

思考とその発表は、高校3年間で練習することが必要になってきます。

ということはですね。

それに使う知識を、それまでに出来るだけ沢山詰め込むことが必要です。

つまり、小中学生期間が、大切な「暗記期間」になるのです。

 

 

ということで、少し難しい勉強もやりましょ(^^)

「中学受験クラスについて」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。質問があるのですが、夢盟塾さんでは、大学受験の生徒も入塾可能でしょうか?

    1. ありますよ。
      主に質問対応ですが、開講しておりますので、よろしければお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です