錦丘中学 合格手記 2020年度 生徒

では、錦が丘中学に合格した子の手記から。

 

 

 

 

「よーい、始めー。」僕が中学受験を決めたのは、6年生の10月でした。この塾に来たのも10月でした。オープンキャンパスに行って、「この学校で学びたい。」と思い中学受験をすることに決めました。自分でも遅すぎると思ったけれど、塾でプリントや、適性検査の問題集をたくさんしました。

検査本番、適性検査1・2を落ち着いて、スムーズに解けました。でも、面接で緊張して少し失敗してしまいました。だから、合格の結果を見たときは、「信じられない!」と思ってしまいました。塾では、友達が「がんばれよ!信じているからな!」と言われ、プレッシャーを感じたけれども、とっても支えになったと思います。先生方もありがとうございました。

これからも、塾で友達と仲良く勉強していきたいし、中学校生活に向けて気を引き締めていきたいと思います。支えてくれた、家族、友達、先生方、プリント・・・本当にありがとうございます。小島先生、これからも小さなやる気を大きな炎に変えてください。

 

 

 

 

手記にあるように、この子が受験を決意したのが10月。

受験準備まで3ヶ月あるかないか、でした。

当時は、正直申しますと、「普通では間に合わない」と思いました。

附属中学なら6年生になる前に、錦丘中学なら6年生の夏休み前。

このあたりまでに決意してもらわないと「普通なら」間に合いません。

 

 

だから、誰もが「3ヶ月あれば錦丘中学に合格できる」という訳ではないです。

この子が「普通ではない頑張り」をしたから合格できたのです。

普通ではない頑張りをしてもらうため、キツイ言葉も私はかけたのではないかな、と思います。

それでも、よう頑張ってくれた。

頑張る素直さが、この子の合格の一番の要因です。

 

 

もちろん、その素直さは、お父さんとお母さんの作り上げた家庭環境おかげです。

そういう意味では、受験って、子どもの戦いではなく、家族の、家庭の戦いなんだな、と改めて思いました。

本人の頑張りをほめると同時に、この子を支えてくれたご家庭を作り上げたご両親にも感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です