腹立つこと(コロナ関連)

今日は愚痴書きます。

 

 

コロナで何が可哀想って、子どもたちですよ。

甲子園を目指していた子どもたち。

卒業式を迎える子どもたち。

学年最後の思い出作りをしたかった子どもたち。

修学旅行が延期または中止になった子どもたち。

みんな可哀想です。

 

 

え?ライブに行けない大人たち?

大人は知らん。

大人なんだから行きたいのを我慢しろ。

 

 

子どもの頃の思い出って、大人になっても残るもの。

そういうのがコロナで削り取られるのが、本当可哀想。

 

 

なのに、だ。

コロナが流行ってるのに「桜の会がー」と追及する野党。

自己利益のみ求めて蔓延を加速させたマスクの転売屋。

おめーら全員、この子どもらの将来にどう責任取るんだって!

野党よ、こんな時こそ抗日民族統一戦線みたいに協力しろよ。

自民党とワンチームになってコロナ対策しろよ。

転売屋は、3歳くらいから人生をやり直してくれ。

 

 

あんたらのせいで多くの子どもが悲しい思いをしているのだよ。

と書いても、通じないんだろうなー、この人たちには。はぁ。

 

 

昔、「タッチ」って漫画、流行りましたよね。

双子の達也と和也、そして南の幼馴染の3人。

南ちゃんが「甲子園に連れてって!」と小さい頃言ったのが、和也が野球を始めたきっかけ。

和也は猛練習して甲子園にあと一歩!のところで交通事故で・・・。

そして、和也の遺志を継ぐべく野球を始めた兄、達也。

鬼監督のしごきやライバルとの切磋琢磨があり、達也も成長。

そして地方大会の決勝。

最後は、限界を超えていた達也に、まるで和也が乗り移ったかのような投球で三振を奪う。

南の、達也の、そして和也の切望した甲子園への切符であった。

 

 

という物語がさ!!

「野党が関係ない話ばかり国会でするので対策取れません!」とか。

「転売屋のためマスクが不足し、コロナが蔓延しました」とか。

で、今年みたいに甲子園が無観客開催になったらさ。

南ちゃん、甲子園、行けないのよ!??

和也も浮かばれないし、達也はどーすりゃいいの!?

と、冗談っぽく書きましたが、全国のどこかに、甲子園に行けない南ちゃんや達也がいると思う。

さすがに和也はいないと思うけれど・・・

 

 

あんなに甲子園に行きたがっていた南ちゃんが、達也が、切符を掴んだのに甲子園に行けない。

そんな南ちゃんや達也みたいな子たちが今年は全国にたくさんいる。

「タッチ」世代の私達なら、この思い、伝わると思う。

普段通りやってほしいが、こんなにコロナが蔓延した今、仕方ない。

だからこそ、子どもの足を引っ張ってる大人に腹が立つ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です