2020年 公立高校合格ライン予想

今年は低いですねぇ・・・

 

 

泉丘高校。

逆転現象が起きているのが320~339点のゾーン。

340点を取っている子は概ね大丈夫なようです。

350点以上なら安定して合格している印象かな?

 

 

平均点。

泉丘から逆算すると、ボーダーマイナス100点の240点?

ただ、合格ラインが低い年は、このマイナス100点が90点の時が多い。

なので、そうね、250点くらいが平均点かしら?

 

 

二水高校。

情報が少なく、逆転現象が起きているゾーンはまだ不明。

320~340点で合格している生徒が今のところ厚い層。

ボーダーは、なので300点で、320点ほどが安定合格かな?

 

 

ということで、やはり安定して合格するためには

泉丘高校:平均点+100点以上

二水高校:平均点+80点以上

と、例年通りの点数の上乗せが必要ですね。

 

 

そう、気付きました、お母さん?

泉丘高校、400点なくても合格できます。

我々の時代のイメージだと、400点で桜丘、425点で二水、450点で泉丘、という感じではないですか?

あの頃から時代が変わりました。

450点以上を獲得している受験生は、県内でも0.1%未満。

入試も難しくなり、それに合わせて北國新聞の模試も難易度が上がっています。

 

 

なので、来年度の受験生のお母さん!

模試で450点をお子さんが取れなくても。

鬼の形相で怒ったりしては駄目なのですよ?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です