【石川県総合模試】2020年第1回 結果

北國新聞社主催の中3模試「石川県総合模試」

結果が来たので、塾内の子のランキングでも書きますね。

 

 

5教科総合
1位 450点(県内5位) 本部校
2位 421点(県内21位) 本部校
3位 418点(県内24位) 本部校
4位 416点(県内28位) 本部校1・高畠校1
6位 415点(県内32位) 本部校1・高畠校1
8位 414点(県内36位) 本部校1・高畠校1
10位 407点(県内50位) もりの里校
次点2人 402点(県内60位) 本部校1・もりの里校1

国語
1位 94点 高畠校
2位 91点 本部校
3位 89点 本部校
4位 85点 本部校
5位 84点 本部校2・もりの里校1

理科
1位 95点 本部校(県内1位)
2位 92点 本部校1・もりの里校1
4位 88点 本部校
5位 86点 本部校

英語
1位 87点 本部校
2位 73点 本部校
3位 72点 高畠校1・もりの里校1
5位 71点 本部校1・高畠校1

社会
1位 98点 高畠校1・もりの里校1
3位 96点 本部校3・もりの里校1

数学
1位 100点 本部校
2位 95点 本部校
3位 94点 本部校
4位 92点 本部校
5位 89点 本部校2・もりの里校1

 

 

でした!

英語は、平均点が40.8点と低かったのも要因です。

が、本部校は実はもう一つ、塾生の点数が低かった要因があります。

 

 

今回の模試は、各教室で受験が開催されました。

本部校、コロナを考え、窓全開でやっていました。

結果。

本部校の前の通り、案外交通量が多く、リスニングが聞こえない!

プラス、うるさくて長文を集中して読めない。

試験時間経過30分ほどで気付き、窓を閉めましたが、後の祭り。

ここでメンタルバランスを崩した子が多数。

 

 

ごめん、みんな!!!

 

 

ただ、本番も何があるか分からない。

うるさい中ででも集中できる訓練の一環・・・は苦しい言い訳ですね。

でも、このうるさい中ででも崩れない「鋼のメンタル」は欲しいです。

何かの機会に鍛える場を設けないと、と思いました。

 

 

泉丘・金大附属に合格したい子。

偏差値60以上は欲しいところ。

50台の場合は、あきらめよう、時間は有限だ。

「いや、絶対にあきらめない!!!」

そういう50台の子は、なら、ワシの言うことをやってくれ。

二水も、55切ったらあきらめよう。

桜丘・錦丘も、50切ったらあきらめよう。

それでも・・・!と言うのなら、ワシの言うことをまずやってくれ。

これらの高校に合格するのは甘くない、というのを、身をもって体験してもらおう。

よろしくね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です