達成感

生徒に、あまりにも苦手な単元があることが分かった時。

私はその生徒を、遠隔授業をしているパソコンの隣に座らせ、付きっ切りで指導する。

出来るようになるまで逃がさない。

 

 

出来るようになった時、泣く子が結構いる。

出来るようになった嬉し泣きだったり。

出来たという安堵感からくる涙だったり。

はたまた、小島先生の恐怖から解放されたという涙だったり笑。

涙の理由も様々だと思う。

 

 

でも、一様に、達成感は感じていると思う。

 

 

達成したから嬉し涙。

達成したから安堵の涙。

達成したから解放の喜び涙。

涙の理由は様々なので、涙の結果、小島先生は好かれたり嫌われたりと結果は様々だと思う。

でも、結果はどうであれ、生徒が達成感を感じれば、それで良いと思う。

 

 

達成感を感じた子どもは、次の挑戦に進める。

その挑戦でも達成感を味わえたら、また次の挑戦へ。

そして、次の挑戦、次の、次の・・・となっていく。

子どもが勉強をする意味。

それは、子どもに達成感を感じてもらうためである、と。

 

 

ということで。

明日からお盆開け再開となりますが、達成感をお子さんに感じてもらうため、ブイブイいきます!

ガンガンいくので、熱くなりすぎてお子さんを泣かせてしまったらごめんなさい。

でも絶対に、泣かせてでも達成感を味合わせます!!絶対に!!

あ、熱くなっても生徒に手は出さないですよ、当たり前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です