出来るまでやる

あの有名なマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

通称「こち亀」

200巻まで出た有名なマンガですが、時々ためになる話もあり、好きです。

今回紹介したいのは、こちら。

自殺をする人、が確かテーマだったかな?

苦しいことがあると、生きるか死ぬか、の二択になる。

二択にするから駄目なのだ。

まずは「生きる」の一択。

「生きる」を選んでから、どう生きるのかを選べばよいのだ。

 

 

・・・というお話。

 

 

勉強にも通じますね。

 

 

難しい問題やややこしい単元に出会った時。

やるか、やらないか、の二択ではない。

「やる」の一択。

とにかく「やる」「やる」「やる」のだ。

出来るようになるまで、「やる」の一択である。

 

 

出来るようになるまで、やり続けるのだ。

 

 

これは、大人になって仕事などにおいても重要だ。

 

 

例えば自分の会社が、他社と競合したとしよう。

勝つか負けるか、じゃないのよ。

勝つまで「やり続ける」のよ。

出来るまで、達成するまで、夢が叶うまで、やり続ける。

この強さを、勉強を通じて子どもたちに身に付けてほしい。

 

 

夢盟塾に来る子どもたちの勉強は、だから「〇時まで」とかで決めてほしくない。

「○○が出来るようになるまで」と目標を立ててほしい。

私たち講師陣も、それに最後まで付き合う。

夢盟塾の授業が「1コマ○○分」みたいに決めてないのは、そのためだ。

保護者の方が許してくれる時間の限り、どれだけでも付き合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です