数学は暗記、かな

私、高校生の時、数学が好きだった。

高1の後半頃から目覚め始めた。

好きだから、どんな問題でも片っ端から解きたくなる。

簡単な問題でも、解く快感を味わうためにいちいち解く。

難問なんかは、私にとってはバースデープレゼントみたいなものだった。

 

 

この難問、絶対に自力で解いてやる!!!

と石にかじりついてでも解こうとした。

30分や1時間ではない。

2時間、3時間、粘って粘って・・・・・

それでも解けない時もあったが、3時間かけて解けた時は、もう快感だった。

 

 

こんなことが高校の頃にあった。

解けた時の快感は、麻薬のようなものだった(麻薬したことないけれどね)。

私は数学中毒になっていた。

 

 

思考力は深まったのかもしれない。

でも数学の成績は、悪くはなかったが、偏差値75とか80とかではなかった。

もしあの時の2時間3時間を。

解法の暗記のために使って、3つ4つと解法を覚えていたならば。

もしかしたら、もっと成績が良かったかもしれない・・・

 

 

と思って、今までも生徒に試してきた。

数学の問題を見て、うーん、と考え込んでいる生徒がいたら、こう声掛けしている。

分からなかったら、考えるな、答え見て覚えなさい、と。

考える時間は30秒でいいから、答えを熟読せよ、と。

で、それでも分からなかったら質問においで、と。

 

 

「答えを見るなんてカンニングだ!」

「それでは考える力が育たず、本当の数学力とは言えない!!」

と暗記しなかった子は、やはり伸び悩む。

「私、数学の才能とか無いし、さっさと答え見るわー」

と開き直ってくれた子は、伸びるのが早い。

 

 

テストでも、そうかもしれない。

数学好きな子ほど、難問に挑む。

で、簡単な計算問題で落とす。

逆に、数学嫌いな子は、難問をさっさと諦める。

で、簡単な問題を手堅く取り、良い点数を取る。

 

 

学問として、とか、教育者として、とかだとね。

何が正解なのか、正直分からない。

でも、単純にテストの点数を上げるというのであれば。

小学生も中学生も高校生も。

数学は暗記だ、と太鼓判を押して勉強させたい。

 

 

あ。

塾では、暗記したかどうか、確認テストもしてますよ。

そこはご安心を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です