すぐに結果を求める最近の子の事情

昨日、テレビゲームの「ドラゴンクエスト」を久しぶりにした。

通称「ドラクエ」の1番最初のやつを。

「ドラクエ」は、ロールプレイングと呼ばれるジャンルの属します。

ロールプレイングゲームは、マリオみたいにキャラクターを動かしてジャンプとか走ったりとかさせるゲームではありません。

敵と戦い、経験値と呼ばれるポイントをためていき、主人公キャラクターの力とか防御力とかを成長させていくゲームです。

 

 

昔の「ドラクエ」。

敵が急に強くなるゾーンがあります。

そういうときはどうするか?

そのゾーンをウロウロして、敵をたくさん倒し、経験値をためる。

俗にいう「経験値稼ぎ」ですね。

 

 

経験値を稼いで次のゾーンに行く。

次のゾーンで入った村で人と話し、物語が進んでいく。

で、次に進もうとしたら敵が強いので、経験値稼ぎ。

ある程度稼いで強くなったら、次に進む。

で、物語がまた進み・・・・・

 

 

物語の続きが見たいから、我慢して経験値稼ぎをする。

同じゾーンで戦いだけを繰り返すので、とても単調です。

飽きてきます、面倒くさいです。

それでも、物語の続きが見たいから、経験値稼ぎをする。

単調な作業の向こう側に、物語の続きそしてエンディングがあるのです。

 

 

でも聞くところによると、最近のロールプレイングゲーム、この「経験値稼ぎ」をほぼしなくていいらしい。

あまり強くなくても物語がポンポンと進んでいくそうだ。

確かに、ドラクエの最新作「ドラクエ11」もやりましたが、ほとんど経験値稼ぎをしなかったな・・・

 

 

ここで私の仮説。

最近の子は、ちょっと努力したらすぐに点数が上がると思っている。

それって、経験値稼ぎの経験が少ないからなのでは?

あの単調な経験値稼ぎに我慢できない。

ゆえに、単調な反復演習や音読に耐えられない。

 

 

・・・・と、昨晩ドラクエをしながら思った。

本当は、同じロールプレイングゲームの「桃太郎伝説2」もやっていた。

こちらも経験値稼ぎではドラクエ以上に面倒くさい。

でも、物語の続きが気になるので、経験値稼ぎ、しちゃうのよねー。

この根気が案外、演習をするときの根気に繋がっているのでは?

 

 

って、ゲームやりながら何考えてるんだか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です