金大附属中学入試 あと1年後への対策

金大附属中学入試対策。

色々と言われます。

思考力問題が多い、ってね。

算数の記述問題やら、総合(理社)の記述問題やらで、です。

 

 

多いですよ、思考力問題。

だから考える力の鍛錬を?

だから詰め込み塾は悪?

いやいやいや・・・

詰め込まれた知識なくして、思考なんてできないでしょ。

 

 

考える事は良いことです。

でも、知識を持たずに考えるのは、どうなのか、と。

 

 

たとえば、テロ事件を思考したとする(ちょっと物騒だが・・・)。

普通の小学生なら、「人殺しはよくないと思います、みんなで話し合うことが大切です」という意見に終始すると思います。

そこにね?

テロの起こった場所の地理学とか歴史とか。

そこで信仰されている宗教の知識とか。

あとはその地域の経済についての情報とか。

そういうのを得れれば、もっと深く考えられる。

テロは悪いことだ。

なのに、なぜ起きてしまったのか。

理由を地理学、歴史学、宗教学、経済学の側面から考える。

そうすると、具体的に解決しないといけない問題点が浮かび上がってくる。

だからこういう議題でみんなで話し合わないといけない。

 

・・・なんとなく伝わりますか?

知識がないと、思考は浅くなります。

知識が思考を深くしてくれます。

 

 

なので、金大附属中学受験を来年に考える君。

1年後の受験に向けて、少なくとも夏までは知識を詰め込みましょう。

深い思考ができるために、思考の道具=知識をためましょう。

知識薄き思考は、浅い。

浅い思考は、金大附属中学受験で〇をゲットできない。

 

 

思考問題の第一歩は、思考すること、ではありません。

思考するための知識を道具を得ることです。

浅い思考は評価に値しません。

深い思考ができるよう、まずは道具=知識の準備を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です