算数の難問に取り組む意味 ~金大附属中学に合格したい子へ~

ということで、今日の算数難問。

小4、小5以上ならできるかな?

 

 

久しぶりの算数の難問。

 

 

しかし、そもそもなぜ難問を解かなければいけないのだろう?

正直、金大附属中学入試の算数には、それほど難問は出ません。

なのに、なぜ??

 

 

見たことないような問題に対する好奇心。

学校でやらないレベルに問題に対するチャレンジ魂。

こういうものがない子は、中学受験に不向きです。

だってそもそも、中学受験は「しなくてもいい受験」です。

その受験に挑もうというのなら、好奇心であったりチャレンジ魂であったりは必要不可欠です。

 

 

そして、そういう問題に取り組んでいれば、自然と賢くなります。

もちろん、基礎知識は必要ですよ?

そのうえで難問に挑戦すれば、思考も深くなるし、粘り強くなる。

色んな解き方を考えるので、試行錯誤する力も強くなる。

この力は、社会人になった時の「問題解決能力」にも繋がりますね。

 

 

あと、金大附属中学(小学校も高校も)は、寄り道が好きです。

つまり、学校の授業はよく「横道」に逸れるのです。

面白くて凄くためになる話なのですが、受験には出ない、みたいな話。

そんな先生が多く揃った学校です(特に社会)。

そういう学校を受験する子に「合理的」「最短距離」で受験勉強することをおススメしません。

 

 

ということで。

こういう算数の難問に食いつく子は「金大附属向き」「中学受験向き」もうちょっと書くと「泉丘高校向き」な子です。

泉丘高校も研究活動、盛んですからね。

では、上にスクロールして難問にチャレンジしてみてください!

(今のところ、小4~小6で挑戦者6名、小6の子3人が解けました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です