おもしろい勉強=知的探求心を煽る勉強をたくさんします!!

以前、円周率を1000ケタ覚えた小学生がいた。

金沢大附属中学に合格し、金沢大附属高校に合格し、県外の医学部に行った。

300ケタ覚えた子は、金沢大附属高校から京大に合格した。

 

 

中学生で高校数学まで予習し、2年生の時には東大の入試に挑戦していた女子がいた。

金大の医学部に合格して、今は、何年生かな?

個人が特定されると嫌なので、わざととぼけてみた。

 

 

最近、こういう「無茶」をしなくなった気がする。

なんか、こう、普通に賢いという感じの子にしていた気がする。

ぶっ飛んだことをしなくなっていた。

 

 

理由はあります。

生徒に遠慮していた、と思います。

こんなのしたくないかな?とか。

テストに関係ないとか言われるかな?とか。

ちょっと遠慮していました。

 

 

もちろん、テストと入試は最優先事項です。

でも、それ以外の部分で時間がある時限定でね?

ぶっ飛んだ子を育成するプログラムを発動していいかな、と。

 

 

円周率を1万ケタ覚えようとか。

中1で高校数学をマスターしようとか。

量子力学の論文をかける中学生育成とか。

源氏物語を完璧に解説できる小学生とか。

高校日本史並みの知識を持った小4とか。

 

 

才能光る子に、遠慮なく提案していこうと思います。

あ、もちろん。

「基礎からちゃんとやれーーーい!!」

という子や科目は、しっかり基礎からやりますよ。

ぶっ飛べる土台のある子には、ぶっ飛んでもらいましょう。

 

 

何年生だからここまで、とか、お子さんの才能に蓋をしたくない。

それだけです、私の思いは。

才能があるのなら、その才能を、思いっきり振って蓋あけた後のコーラみたいにブシャーっとぶちまけちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です