ピア効果 仲間と一緒に強くなろう!

人間は、個々に行動するよりも、仲間と行動したほうが高い能力を発揮できる。

これを「ピア効果」と言います。

 

 

ピア効果を発揮留守ために、夢盟塾では色々試みております。

たとえば教え合い。

ただし、教え合いのルールを決めておかないと、うるさくなりますが・・・

他には、点数の近い子同士を競い合わせる。

勝手にこちらでライバル物語を押し付けます笑。

 

 

昨日、四谷大塚の「全国統一小学生テスト」の速報が来ました。

順次、生徒に教えています。

「次はぜってー勝つ!!」

「いーや、次も私が勝つし!」

いいぞー、そのあおり合い、私は好きだぞー。

 

 

ピア効果の根源は競争で、競争とはすなわち、人間の成長におけるエネルギーとなります。

泉丘高校や金沢大附属高校中学に合格する子たちは、共通して負けず嫌いです。

え、あの大人しそうな子が負けず嫌い?

ふふふ、内に秘めるタイプの子が多いのですよ。

成績の良い子は、意識的か無意識かは置いておいて、ピア効果を使っています。

 

 

ということで、今日も最後に帰った小5の2人をあおっておきました。

良いピア効果を発揮してほしいな。

競争なんて子どもたちが可哀想、だなんて、その考えの方が子どもを可哀想な未来に導きます。

よく言われますが、「大人が子どもの牙を抜いてどうするんだ」ということです。

私は、お子さんの牙をガリガリ磨いて野獣にしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です