ことわざなどを覚えるには、分かりやすいたとえ話が必要

今日は一部の小学生に、ことわざなど語彙を暗記してもらいました。

しかし、こういう系のあるあるなのですが・・・

ことわざを説明している文章が難しい!!

こどわざの意味も分からないのに、書いてある説明も分からない!

こういう時に、私の出番であります。

 

 

分かりやすく言葉をかみ砕いて説明する。

小学生に高校数学を教える時同様、かみ砕きまくります。

国語なんか、たとえ話を出すともっと分かりやすくなる。

 

 

今日はこんな感じに・・・

 

 

「せんせー!!これ、分からーーん!!」

「んー。どれや?」

「この『医者の不養生』ってやつ!」

「あー、これね。健康のプロであるお医者さんが、健康に良いと分かっていることを実行しない、つまり、正しいと分かっているのに自分は実行しないことの例えだよ。」

「なるほどー、つまり、塾の先生なのに頭悪いってこと???」

「ま、そうやね。でも、もっと分かりやすく言うと・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ライ〇ップの社長が太ってたり。

育毛剤のリ〇ップの社長がハゲてたり。

ってところかな?」

「おーーー!分かりやすい!!分かった、ありがとうございます!!!」

 

 

というわけで、2社の皆さん、勝手に名前使ってゴメンナサイ。

でも、生徒は喜んでいました(^^)

ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です