「みんなと同じ」では上位校には行けない

「医者になりたい」

「医学部に行きたい」

そう口にする小中学生は夢盟塾でもよく見ます。

ですが、分かっていますか?

国立大学の医学部募集は、毎年だいたい5500人ほど。

全国の高3が、だいたい100万人ほど(石川県は1万人ほど)。

単純計算で、200人に1人ほどの割合です。

ここに浪人生が加わってくる。

医学部は浪人生が多いので、かなり加わることでしょう。

医学部に行くとは、少なくとも200人に1人の存在になることです。

 

 

200人に1人・・・

1つの中学から1人ですね。

おそろしい確率です。

私立大学の医学部に進学する医学部生もいますから、医学部生の割合はこれよりかは実際は高いです。

が、私立大学の医学部は、費用が・・・(^^;)

一般家庭ではとても支払えない金額だと私は思います。

ですから、一般家庭の子が医学部を目指すとなれば、国立大医学部が現実的で、そうなると、おそろしく低確率の現実に直面します。

 

 

200人に1人・・・

倍の確率にしても、100人に1人です。

100人中99人という圧倒的多数派に背を向け、100人中1人の存在にならないといけない。

普通の人では医学部生になれません。

普通の努力では医学部に合格できません。

普通の努力で合格したいなら、普通ではない才能が必要です。

 

 

なのに、です。

「そんなに大量のプリント無理」

「ほぼ毎日塾に来るとか無理」

「週末は1日5時間以上塾にいるとか無理」

「他の塾はそんなにしてないよ!」

「でも医学部には行きたいの、てへ ♪」

理論が破綻しているのであります。

 

 

同様に、

「宿題をチェックしないとやらない」

みたいに普通の子に見られるようなことをしていてもダメです。

「人に言われなくても自分を律する強さを持つ」

か、

「チェックという範疇を超えた、異常なほどの過干渉をもって大人が見る」

か、どちらかに針を思い切り振らせるしかありません。

私は、後者は好みではありませんので・・・

 

 

医学部、と書いていますが、高校受験もそうですよ。

金沢大附属高校は120人、泉丘高校は400人。

県内の中3は約1万人。

だいたい20人に1人の割合です。

クラスに1人か2人の割合ですね。

クラスのみんなが休み時間にワイワイ遊んでいる中、教室で黙々と勉強する1人または2人になるか。

または20人に1人の選ばれし者みたいな高い才能を持つか。

金沢大附属高校や泉丘高校に行くことでさえ、この低確率です。

 

 

金沢大附属高校・泉丘高校。

金沢大附属中学。

東大・京大・医学部・旧帝大。

みんなと同じで合格できる、なんて甘い幻想、捨ててほしいです。

他の子と同じ努力で合格できるなんて、思わないでほしいです。

そのためにも夢盟塾は、

・大量演習

・長時間演習

・ほぼ毎日来れる(zoom授業含む)

・先取り予習

・満点主義

・1位主義

を塾の空気として「当たり前」にしたいのです。

 

 

夢盟塾は、塾として「異常」なのは自分でもよく分かっています。

でも、そもそも、上記の学校に合格すること自体「異常」な確率のものなのです。

金沢大附属高校、泉丘高校、二水高校の夢盟塾からの進学率は、今年は70%以上でした(42名中、泉丘16名、二水10名、附属6名)。

保護者の方の期待や生徒の期待に応えるためにも、この数値を上げないといけないし、そのためにも塾としての「異常さ」も磨かないといけません。

 

 

・・・と、ちょっと塾の話に逸れてしまいました。

要は

「勉強しすぎ」

「やりすぎ」

「努力しすぎ」

「まじめすぎ」

と、周囲の人たちが心配するような努力を

「当たり前」

に落とし込むことが、合格には必要だと考えています。

野球選手になることや、サッカー選手になることや、オリンピックに出ることなどと同様、上記の学校に合格することは大変なのです。

(※確率的には、野球やサッカー、オリンピックの方が遥かに大変ですよ!)

 

 

・・・と、ちょっと私の思いのたけをドドドっと書きました。

本気で合格したいなら、覚悟して勉強してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です