点数で志望校を決めるな!志望校に合格できる点数を目指せ!!

今の点数は320点くらい。

だから、○○高校くらいかな?

よしっ、私の志望校は○○高校にしよう!!

 

 

こんな決め方、してはダメです。

 

 

断言します。

 

 

このタイプの志望校の決め方をする子。

必ず成績が下がります。

100%下がります、秋の11月くらいから。

 

 

理由はシンプル。

320点を取れていて、320点レベルの高校を志望校にする、ということ。

気付かない人が多いですが、つまりはこうですよね。

 

 

今以上の努力はしたくない。

 

 

ということですよね。

320点だけれど、350点を取る努力をしたくない。

だから320点の高校で志望校は十分。

350点の高校を目指すのは今以上の努力が必要だから嫌。

だから現状維持、なのです。

 

 

ここで多くの大人が当たり前に知っていること。

「現状維持をしようとすると衰退する」

大人であれば当たり前であるこのお話も、子どもには通用しないことが多いです。

だから320点を維持しようとする。

しかしそうすると、だから320点から下がり始める、それもプレッシャーが大きくなってくる晩秋くらいから。

 

 

努力しない受験って意味がありますか?

諦めながらの受験って意味がありますか?

どうせやらなければいけない受験。

避けて通ることができない受験。

ならば、お母さん、お子さんに「意味のある受験」をしてほしいと思いませんか?

 

 

そのためにも。

今の点数で志望校を決めてはいけません。

まずは志望校を決める。

そこから、現状で何点ほど過不足しているかチェック。

そして、その不足分を補うための努力量をチェックする。

 

 

不足分を補う努力は、それは大変かもしれません。

が、「大変」が「成長」になります。

「大変」って、「大きく変わる」と書きますよね。

「大変」はお子さんを「大きく変えて」くれます。

「大変」な受験こそ、「意味のある」受験だと私は思います。

 

 

本当に行きたい高校はどこですか?

本当に行きたい中学はどこですか?

本当に行きたい大学はどこですか?

今は点数や偏差値で行きたい学校を決める時期ではありません。

本当に行きたい学校に向けて努力してほしい期間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です