英語教科書暗記 え?してないの!? 絶対しましょう!!

今年、泉丘高校を卒業した夢盟塾生。

第1志望の慶応大学に合格しました。

さて。

この子は英語で合格したようなもの、と言ったら大袈裟でしょうかね。

しかし、それくらい英語の偏差値はアンビリーバブルで高かったです。

 

 

この子は英語で何を勉強していたか?

 

 

知りたい方は、そのまま下にスクロールをお願いします。

 

 

偏差値70は当たり前

80にも届かんとしていた英語偏差値

慶応大学に受かったこの子の英語勉強法

 

 

実にシンプルです。

 

 

英語の教科書暗記です。

 

 

って、ブログのタイトルでバレバレですね(^^;)

 

 

中学生の定期テスト対策として教科書暗記をすると、

「応用力がつかない」

などと批判をよく受けることがあります。

が、教科書という基礎ベースがあってこその応用力。

応用力は、教科書暗記の次のステップかと思います。

 

 

でも、実は「応用力」も身につきます。

この子も、今まで暗記してきた子たちも同様のことを言っていました。

 

 

中学生、高校生とずっと暗記していたら、

なぜかは分からないけれど

高2の秋くらいから、

なんとなく英語が分かるようになってきた。

日本語を介さなくても理解できるようになってきた。

 

 

そうなんです。

高校レベルまで暗記していると、なんとなく分かるようになってくるのです。

「英語感覚が身についてきた」と言い換えられるかもしれません。

この感覚が身についたら、英語は爆発的に上がります。

なぜなら、

 

 

速読力が手に入る

 

 

からです。考えてみてください。

英語を読んで、いちいち日本語に直して考えるのと。

英語を読んで英語で理解するのと。

どちらが読むスピード、速いですか?

答えは、いわずもがな、ですね。

 

 

ただ、いきなり高校生から暗記は、つらいです。

だから!中学生からなのです。

中学生のうちから英語教科書暗記を当たり前にする。

その流れで、高校でも暗記を当たり前にする。

そうすれば、高2の秋くらいに、無敵の速読力が手に入ります。

 

 

この慶応大学に合格した子もそうです。

今まで医学部などに合格してきた子たちもそうです。

実は私も高校時代そうでした。

理由は本当、分からないのです。

が、英語感覚が身につき、圧倒的に読むスピードが上がるのです。

 

 

なんで上がるのでしょうかね・・・

だれか理由分かる方、教えてください。

理由はいまだに分かりませんが、暗記すれば上がることだけは分かっています。

なので、英語教科書暗記、しましょう。

絶対しましょう、必ず暗記しましょう、音読しながらが良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です